foot the coacher

2000年、竹ヶ原敏之介によりメンズシューズブランドとして誕生。

日本国内をはじめ、革の産地で有名なイタリア、フランス、イギリスからも選りすぐりの上質素材を集め作品製作を行う。

1900年代前半に履かれていたワークシューズやデイリーシューズなどをデザインソースに、それらをフットザコーチャーの理念のもと現代風にアレンジした「最上級のカジュアルシューズ」を展開。

製法や品質に妥協のない、末永く付き合える製品とブランドの創造を目指す。