一番多用しているnonnativeのTシャツ。

一番多用しているnonnativeのTシャツ。

2019/05/28

どうも、こんにちは。KOBAYASHIです。

 


本日はこちらのTシャツをご紹介。
 
 
nonnative / CLERK S/S TEE COTTON JERSEY HEAVY WEIGHT BORDER

 
 

店頭でも良くクラークTやら、クラークポロやら言っているので、聞き馴染みがある方もいらっしゃる方も多いかと思いますが、そんなクラークTの季節が今夏もやって参りました。

 
こちらのTシャツの最大の特徴はこのパターン。
 

 

ドルマンスリーブに袖先を付け加えたような作りになっており、その繋ぎ目部分が肩線に見えるので、ドロップショルダーを着用しているように見えます。
 

 
ルーズな雰囲気はあるのですが、オーバーサイズで着ているように見えないので、体の小さい僕でもしっくりきます。
 

 
単純に大きめに作られたTシャツは結局着なくなってしまうのがオチなんですが、クラークTは何故か着てしまいます。
 


BLUE×BLACK


BEIGE×NAVY

 

そして大事な生地感ですが、ド詰めのしっかりとして天竺素材。キャンバーのような重みのある感じ。

 

裾は前後で長さの異なり、深めにスリットが入っていますので、インナーにデュエラーTなどのラウンドカットのインナーを入れてレイヤードするのがお勧めです。

 

今回は前回引き続きボーダーと、無地バージョンもございますので、お気に召して頂けましたら、二枚三枚と手に入れちゃって下さい。
 

ちなみに僕はボーダーの青と無地の白が確保済みでございます。
 

 
今季イチオシのTシャツですので、是非一度お試しください。