スニーカーのようなサンダル。SUICOKE

スニーカーのようなサンダル。SUICOKE

2019/05/17

どうも、KOBAYASHIです。
 
先週は三連休、今週は二連休とお休みを頂きましてありがとうございました。
 
これからは通常営業となりますので、引き続き宜しくお願い致します。
 
さて、本日はこちらをご紹介です。
 
 
 

SUICOKE / BOAK-V
 
 
 
昨年はかなり足数を取り扱いましたので、当店でもお馴染みになりつつあるシューズブランド”SUICOKE”(スイコック)
 
 
 

まずは軽くブランドコンセプトからおさらいです。
 
【SUICOKE】
2006年に設立された日本のシューズブランド。本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを想像するというコンセプトを掲げ、高品質なシューズ作りをメインとしてスタートした。
そして2012年、独自の開発により「SUICOKE original EVA Footbed」を搭載したサンダルを発表する。人が歩くときの動きや足の形を考慮したフットベッドを開発し、大きな話題を呼んだ日本のシューズブランド。
 
 

 
そんな当店お馴染みスイコックから発売となったこちら。

 
ハイカットのベルクロサンダル。

 

最初見た時は、ん??!とびっくりしましたが、こちらなら長い期間履けて良いのでは?と思いセレクトしました。
 
言ってしまえば、スニーカーとサンダルのハイブリッドモデル。
 

 

足首までホールドしてくれる安定感のある履き心地で、ハイカットスニーカーを履いているかのような感覚。

 

アッパー部分は高級感のあるスウェードを採用し、スポーティな印象を抑え、タウンユースとしても使いやすいです。

 

そして、もはや説明不要とかと思いますが、世界初の両面ビブラムソール。
 

ソール(足の裏)にビブラムはよく見かけますが、フッドベッド(足が乗る部分)もビブラムなのはSUICOKE独自なのです。
 
世界初なのです。(もう一回言わせて頂きます。)
 

ソール部分はビブラムの中でも一番軽量とされるMORFREXソール。

 
このソールはnonnativeなどの高級ブーツなどにも搭載されているソールで、高い耐久性があり履き心地も抜群です。

 

一癖あるサンダルが欲しい方はこちらを一度お試しくださいませ。