フライトジャケットには目がない。nonnative

フライトジャケットには目がない。nonnative

2018/11/22

どうも、こんにちは。kobayashiです。
 
nonnativeの2018秋冬のデリバリーも最終となりました。
 
最後を締めくくるアウターはこちら。
 

 

nonnative / AIRMAN BLOUSON P/N HEAVY TWILL

 

ショート丈のブルゾン、特にMA-1のような形のアウターにはついつい目がいってしまう僕ですが、毎度のことながら気になっている次第でございます。
 

フライトジャケットの形をベースにデザインされた”AIRMAN BLOUSON”
 

 
手を出し入れしやすい位置に斜めに配されたポケットと、物を入れるのに便利なジップポケットの二重構造ポケット。
 
センタージップとポケットに付いたジップもそれぞれ大きさを変え、手袋など付けた状態でも引きやすいよう革の引き手が付属されています。
 

 
センタージップは10号のオリジナルジップを使用しておりとても存在感がございます。

 
個人的にどれだけ洋服が良くても、付属品、裏地など細部まで拘りがないと飽きちゃうし、買った後に虚しくなってしまいます。
 
これまで買ってきたnonnativeの洋服にはどれも思い入れがございます。
 
17、18歳の時にnonnativeをデニムを買ってから長い年月が経っておりますが、今の今まで大好きなブランドです。
 
まだnonnativeのアイテムを持っていない方はパンツから穿いてみてくださいね。
 
余談はこれまでにして、こちらのブルゾンは高機能中綿シンサレートを搭載しております。
 

 

3M™ 社が開発した素材で、中綿はマイクロファイバーの細い繊維のものなっており、繊維が組み合わさって空気をたくさん含む為、断熱性、保温性に優れています。
 
暖かさをキープするためには分厚い素材が当たり前でしたが、薄くても暖かいを実現した画期的な中綿なのです。

 

 

ですので、ご覧の通りスッキリとしたシルエットを実現しています。
 

ブラックとオリーブの二色セレクトしておりますが、個人的にはこのオリーブの色味がお勧め。
 

これまでこんなオリーブはありませんでした。生地独特のマットな質感とヌメリ感と色味がいい相乗効果を生み出し、これまでにない名ブルゾンとして僕の記憶に語り継がれていきそうです。
 

いつもより少し小さく感じると思いますで、ワンサイズ上げてもいいかもです。
 
ちなみスタッフの井上(177cm 56kg)でサイズ2着用

 

それではお試し下さい。