一本持っておいて欲しい天竺デニムの入荷がございました。AUGUSTE-PRESENTATION

一本持っておいて欲しい天竺デニムの入荷がございました。AUGUSTE-PRESENTATION

2018/11/01

どーも。こんにちは。かずきです。
 
今週の休日を利用し久しぶりに七尾に帰省してまいりました。
 
田舎の空気はいつ吸っても美味しいですね。笑
 
美味しいものを沢山食べて、久しぶりにライブも行けて大満足でございます。
 
さて、今回は前回に引き続き、僕からパンツの紹介をさせて頂きたいと思います。
 
それがこちら。
 

 

AUGUSTE PRESENTATION / デニム天竺5PK スリムテーパードタイプ【LONG】

 

AUGUSTE PRESENTATION / デニム天竺5PK スリム517タイプ【LONG】

 
オーギュストよりお馴染みのデニム天竺です。
 
デニムと聞くとしっかりとしたごわつきのある素材をイメージされる方や、最近多く見かけるストレッチデニムなどを連想される方が多いと思いますが、こちらはそのどちらでもない画期的なデニムとなります。
 
名前からだいたい想像はつくかもしれませんが、所謂天竺素材(カットソーに使うような編みの素材)を使用し、さらに究極に度詰めに編み込むことでパンツとして使用しても全く問題のないしっかりとした素材感に仕上がっています。
 

 
またデニムと名付けれているだけあり、染色方法もデニムと同じインディゴロープ染色を使用しています。

 
ロープ染色って何かって?それでは説明しましょう。
 
ロープ染色は主にデニム生地を染める方法で、ロープ状に束ねた糸(400~600本)をインディゴ染料の入った容器に入れて染めていく方法。そうすることにより糸の芯まで染まらず、芯白の糸になり、それを穿き込むことによりデニムのような独特な風合いになっていくという訳です。
 
たまに店頭で小林さんが経年変化の写真を見せていると思うのですが、穿き込んでいくとあの画像のようなライトインディゴになっていきます。
 
また、オーナーによって、膝の位置や洗濯の方法や回数などは異なりますので、色落ち具合は皆さん違います。
 
自分だけのデニムを作っていくというのも洋服の新しい楽しみ方かもしれませんね。
 
育てようと思っていなくても、穿き心地が良すぎて家の中でも穿いてしまうぐらいなので、いつの間にか経年変化してそうですが、、笑
 
そして今シーズンから、少しマイナーチェンジしております。
 

 
まずトップボタンがスナップボタンからネオバーボタンに変更されています。
 
ネオバーの方がよりデニムらしく見えます。
 
サイズ展開とシルエットも変更されています。
 
前回まではS.M.Lの3展開でしたが、今回からはインチ表記になりシルエットも見直されております。
 
なので、ワンサイズ上げての提案をしても大きすぎる心配も無くなり、自分の好みのシルエットをお選び頂けます。
 
シルエットは二種類。
 
スリムテーパードタイプ
 

AUGUSTE PRESENTATION / デニム天竺5PK スリムテーパードタイプ【LONG】

 
新しく展開された新シルエット”スリム517タイプ”
 

AUGUSTE PRESENTATION / デニム天竺5PK スリム517タイプ【LONG】

 

個人的にはテーパードワンサイズ上げか、ブーツカットをワンサイズ下げ上品に穿くのがお勧めです。
 

是非お試し下さい。