またnonnative×vansでます。

またnonnative×vansでます。

2018/09/21

結構前からlookでも使用されており、発売を今か今かと待っていた方も多かったと思いますが、ついに明日発売となります。
 

前回のハイカットに引き続き、今回はローカット。
 

 

詳しく下記をご覧ください。

 
1966年3月16日、カリフォルニア州アナハイムのブロードウェイで、Paul Van Doren と Jim Van Doren、Gordon Lee、Serge Delia により「The Van Doren Rubber Company」として創業されました。頑丈なアッパーとグリップの良いアウトソールは南カリフォルニアのスケーターに愛され、1970年代には爆発的な人気を誇るブランドへ成長していきました。現在84カ国で展開されており、600を超えるオフィシャルストアが存在します。
 
アクションスポーツをはじめ、ミュージックやアートシーンにもクロスオーバーし、クリエイティブな表現をする人々をサポートし、様々なカルチャーと人々が気軽に繋がることのできる多くのイベントを開催しています。
その後も、代表的なモデルのリリースや、カルチャー、競技シーンと共に成長し、今では世界中のアクションスポーツをリードするブランドへと成長を遂げています。
 
1977年、”Style36″としてデビューしたOLD SKOOL、それと同時に今日もブランドの象徴であるVANSのサイドストライプデザインが誕生しました。デビューから現在に至るまで、クラシックなスケートシューズとして様々なブランドやアーティストとのコラボレーションモデルのリリース、様々な素材やカラーでのリリースを重ね、今やVANSの代表的なモデルの一つとなっています。
 
今回nonnativeは、現行モデルとディティールが異なる、ノーズが短く、細身のラスト(木型)を用い、サイドテープにフリクションテープを使用する製法でアメリカ生産されていた当時のモデルをベースに採用しました。アッパーの素材にモンキースエード(毛足の長いスエード)を用い、シューレース部分には、ミリタリーブーツに使用されるジッパーパーツを作製し、取り付けています(着脱可能)。さらに、そのパーツのジッパーを開いたままでも着用できるようシュータンにはゴアバンドを搭載しています。
 
カラーリングは継続して提案しているブランドのメインカラーともいえるトープベージュとブラックを展開します。旧型のラストを用いたシルエットやマテリアル、パーツに至るまで、細部に拘ったスペシャルモデルです。

 

公式ホームページ引用

 

是非チェックしてみてください。